【公式見逃し動画】姉ちゃんの恋人を1話~最終回まで無料フル視聴!有村架純・林遣都に弟役が髙橋海人の豪華キャスト情報もお届け!

姉ちゃんの恋人動画

ドラマ「姉ちゃんの恋人」の動画1話〜最終回を公式見逃し配信で無料視聴する方法を紹介します。

\全話配信中/
今すぐ姉ちゃんの恋人を無料視聴する
フジテレビ公式FODで独占配信中
2週間以内の解約でタダ

この記事ではこんな疑問を全て解決♪

  • 姉ちゃんの恋人の動画を見逃したけど再放送はある?
  • 姉ちゃんの恋人の動画を無料視聴できる方法を知りたい!
  • 姉ちゃんの恋人の動画を広告なしでフル視聴できるサービスはある?

姉ちゃんの恋人の動画をお得に視聴するための情報とドラマがもっと楽しくなるキャスト・あらすじ・感想など番組情報もまとめてお届けします!

姉ちゃんの恋人の動画を見逃し配信で無料フル視聴する方法

ドラマの姉ちゃんの恋人の動画を視聴できるのはFODプレミアム!

FODプレミアムはフジテレビ系列のドラマを独占配信しています。

しかも今なら2週間の無料トライアルを行っているので無料で姉ちゃんの恋人の動画が楽しめちゃいます♪

無料トライアル中に解約すれば料金はかからないので安心して利用できますよ。

全話独占配信中
今すぐ姉ちゃんの恋人を無料視聴する
2週間以内の解約でタダ

姉ちゃんの恋人の見逃し配信をしている動画配信サービス一覧

姉ちゃんの恋人の動画を見逃し配信している国内大手動画配信サービスの最新情報を一覧表でまとめました。

動画配信サービス 配信状況
FODプレミアム 〇(独占配信中)
Paravi ×
TSUTAYATV ×
U-NEXT ×
Hulu ×
dTV ×

姉ちゃんの恋人はFODプレミアムの独占配信です。

再放送も現在予定されていないので見逃した方はFODプレミアムを利用しましょう。

今すぐFODプレミアムで無料視聴する
2週間以内の解約でタダ

FODプレミアムの基本情報(月額料金・無料期間・メリットなど)

FODプレミアムの基本情報をまとめました。

項目 内容
月額料金 976円(税込)
無料お試し期間 2週間
配信作品数 40,000
ポイントの付与 最大1300pt
*無料お試し中は最大900pt
複数アカウント ×
視聴可能な作品 フジテレビ系列ドラマ
フジテレビ系列バラエティー
韓国ドラマ
映画
他にも多数配信中
ドラマの姉ちゃんの恋人以外にも人気ドラマやバラエティーを多数配信中です!

FODプレミアム5つのメリット
  • 2週間の無料トライアルを実施中!
  • 期間中の解約で利用料タダ!
  • フジテレビの月9ドラマを独占配信
  • FODでしか見れないオリジナル配信ドラマに人気俳優が多数出演!
  • 雑誌も130誌以上読み放題♪

無料トライアル期間があるので利用してみて合わなかったら利用料はタダで解約ができます。

これなら安心して登録できますね。

オリジナルドラマでは横浜流星くんや田中圭さんがキワドイテーマの恋愛ドラマに体を張って出演していますよ♪

FODプレミアム公式サイトはこちら>>

FODプレミアムの無料登録・解約の仕方

FODプレミアムの無料登録と解約の仕方を解説していきます♪

STEP.1
FODプレミアムにアクセス

FODプレミアム公式サイトにアクセスします。

STEP.2
今すぐはじめるをタップ

FOD無料登録

『今すぐはじめる』をタップします。

STEP.3
アカウント情報の登録

FOD無料登録

FOD無料登録

FOD無料登録

メールアドレスとパスワードを設定します。

FOD無料登録

利用規約とプライバシーポリシーを確認します。

問題なければ『同意する』にチェックをいれ『アカウントを作成する>』をタップします。

STEP.4
支払い方法の選択

FOD無料登録

FOD無料登録

  • クレジットカード決済
  • AmazonPay

のどちらかを選ぶと初回2週間無料トライアルが利用できます。

キャリア決済だと無料トライアルが受けられないから注意!

STEP.5
購入内容の確認

FOD無料登録

無料期間の確認をします。

忘れないようにカレンダーにメモしておくと安心だよ♪

FOD無料登録 FOD無料登録 FOD無料登録

クレジットカード情報を入れ『購入内容を確定する>』をタップします。

無料期間中に解約すれば料金は請求されないので安心してね♪

FOD無料登録

登録完了です♪

STEP.1
公式サイトにログイン

FODプレミアム無料期間解約

公式サイトにログインし右上の『三マーク』をタップします。

FOD無料トライアル解約方法 FOD無料トライアル解約方法

マイメニューが表示されるので『登録コースの確認・解約』をタップします。

STEP.2
解約するをタップ

FOD無料トライアル解約方法

『解約する』をタップします。

FOD無料トライアル解約方法

本当に解約していいか確認が表示されるので再度『解約する』をタップします。

STEP.3
解約の確認

FOD無料トライアル解約方法

画像のように『FODプレミアムの解約が完了しました。』と表示されれば解約完了です。

1分で完了の簡単操作ですね♪

FODプレミアム公式サイトはこちら>>

姉ちゃんの恋人のあらすじ・感想(ネタバレあり)

姉ちゃんの恋人のあらすじと感想を紹介します。

お好きなところから読んでくださいね♪

第1話:10月30日(火)

主人公は有村架純演じる安達桃子、27歳。

両親と3人の弟と暮らしていましたが、桃子が高校3年生のときに事故で両親が他界してしまったため、大学に進学することを諦めます。

こどもたちを遺し旅立った両親にかわり、突然一家の大黒柱となった桃子は、親戚に紹介してもらったホームセンターで働き始めることに。

現在9年目となった桃子は、弟たちを幸せにすると心に決め、弟たちの幸せをいちばんに考え働く肝っ玉姉ちゃんです。

桃子は弟たちと暮らしながら、両親を亡くした辛い思い出や、毎日の悪戦苦闘を一生懸命に乗り越えていきます。

季節が秋から冬へと移ろいゆく頃、桃子の日常に大きな変化が訪れます。

大変ながらも幸せな日々を送る中で、桃子は職場で吉岡さんというひとりの男性と出会います。

年上で常に笑顔の好青年の吉岡さん。

桃子は徐々に吉岡さんに惹かれていきます。

しかし、彼の笑顔の裏には隠された一面があったのです。

これまで弟たちを幸せにするため、仕事ばかりだった桃子の恋。

いい大人といえる年齢の2人の恋なのに、初々しくどこかぎこちない2人の恋を周囲は応援します。

そして2人の恋は職場やそれぞれの家族、友人たちも巻き込んでいくことに。

桃子はクリスマスを迎える頃、どのような日々を過ごしているのでしょうか。

20歳、17歳、14歳になった桃子の弟たちは桃子の恋をどのように応援していくのでしょうか。

放送前の視聴者の期待の声をご紹介します。

昨今わりとシリアスなドラマが続いていたので、ひさしぶりに、ドラマが楽しみ!と思いました。

王道のラブコメになりそうな予感です。

ヒロイン像も肝っ玉姉ちゃんということや、恋愛や自分の幸せに慣れていないことなど、同性からの好感度も高いと思いますし、観ている間に自然と桃子の奮闘ぶりを応援してしまっていること間違いなしだと思います。

また、3人の弟たちとの掛け合いや、家族だんらんの様子なども楽しみにしています。

また、有村架純さんはジャニーズの方との共演が多い方です。

嵐とはほぼ共演していますし、紅白での共演などもあり、ジャニーズファンからも好感度が非常に高い女優さんです。

今回は、King&Princeの髙橋海人くんとの共演ということで、その点でもジャニーズファンの方からは注目度が高いドラマであると思います。

今からとても楽しみです!


注目・楽しみなキャストはなんといってもKing&Princeの髙橋海人くんです!

彼はとても表現力豊かで、King&Princeとしても歌やダンスでも独特の雰囲気を持っていることはファンの間では有名です。

表現力の豊かさは演技にも表れていて、前回出演したドラマでも、本人とは違ったタイプの役を演じていましたが、役に入り込んでいて細かなしぐさや表情の変化がすごかった印象があります。

今回は主人公の弟役ということで、髙橋海人くんには姉がいますし、King&Princeの中でも最年少で弟キャラということで、桃子の弟はぴったりな役だと思います。

ジャニーズの先輩たちにも弟のようにかわいがられている髙橋海人くん。彼が演じる弟はどんな弟になるのか、とても楽しみです!


有村さんというと今までのドラマではどちらかというと影のある役などが多かったですが、今回のドラマではたくましいお姉さんの役柄を演じており期待できます。

安達家の家族のだんらんやホームセンターでのお客さんと店員さんとのやり取りが楽しみです。

ホームセンターの店員さんを主人公にしたドラマは今まではあまりなかったのでとても楽しみにしています。

吉岡さんが何か秘密があるようなので吉岡さんがいったいどんな秘密を抱えているのかとても楽しみです。

今、核家族化が進んでおり子供の数も減っておりこんな桃子のような大家族は少ないので大家族を描いたドラマがとても楽しみです。

有村さんの元気なホームセンターで働く姿も期待しています。


有村さんが脚本家の岡田さんと組んだドラマは、多くありますが今までの有村さんが演じて来た役柄とまるでイメージが違うのでとても楽しみにしています。

桃子を演じる有村さんが、どんな風にホームセンターで働くちょっとがさつなお姉さんを演じてくれるのかが期待しています。

前回の岡田さんの作品である「中学聖日記」では、ちょっと影のある役柄だったのでその役柄とまるで違うので有村さんの元気一杯の明るいお姉さんの演技がとても楽しみです。

吉岡さん演じる林さんの演技も楽しみで彼が影のある吉岡さんをどんな風に演じくれるのかとても期待しています。

林さんの演技が好きで彼のドラマを多くみているので今回の役柄にとても期待をしています。


ドラマ「姉ちゃんの恋人」に対して、「桃子と真人の関係性の変化」と「弟たちの桃子に対する気持ち」を期待しています。

まず、桃子と真人の関係性の変化についてです。このドラマでは、主人公の桃子が仕事を通して知り合った真人と恋に落ちていく様子が描かれます。

桃子と真人は最初はどこかぎこちない関係性でも、仕事を通して徐々にお互いのことを知り、打ち解けていくことが予想されます。

そのため、最初はどこか他人行儀だった二人の距離が縮めっていく様子が丁寧に描かれることを期待しています。

次に、弟たちの桃子に対する気持ちについてです。弟たちは、桃子に大切に育てられてきたため、その恩をそれぞれ感じていると思います。

そのため、桃子の恋のために奮闘するなど、桃子に対する感謝や尊敬の気持ちが見える場面が描かれることを期待しています。


注目・楽しみなキャストは、有村架純さんと髙橋海人さんです。

まず、有村架純さんについてです。有村架純さんは、「姉ちゃんの恋人」でも脚本を務める岡田惠和さんが手掛けた「ひよっこ」で主人公の生涯を可愛らしく演じていました。

今回も岡田惠和さんの脚本作品ということで、主人公の桃子を可愛らしく演じてくださると思うので楽しみにしています。

次に、髙橋海人さんについてです。髙橋海人さんは、演技経験は少ないものの、ドラマ「ブラック校則」で突拍子の無い行動で周囲を翻弄する高校生を演じるなど、演技力の高さには定評があります。

そのため、今回も主人公の弟・和輝を高い演技力を活かして、ご自身の魅力も織り交ぜながら演じてくださると思うので、楽しみにしています。


高校生と言えばまだまだ子供、大学だって親からお金を出してもらわなければなりませんし不況の今は更に何年・何十年もすねをかじり続けている人もいます。

そんな中で、主人公の桃子は両親ともに事故で亡くして、残ったのは3人の弟たちです。

すっぱり大学を諦めてホームセンターでの勤務を始めた彼女ですが、同級生たちが楽しく遊んでいるすがたを見ると心中複雑だったことでしょう。

それでも9年かけて大きく成長させた、正に肝っ玉姉ちゃんです。

そんな彼女が恋をして、絶対に弟たちは応援してくれるはずです。

今までその苦労を見てきた周りだってそう、ただちょっとした訳ありの男性のようで今後はお姉ちゃんに幸せになってほしいのですが吉岡さんはそれを叶えてくれるのでしょうか。

(40代女性)


肝っ玉姉ちゃんと有村架純ちゃん、可憐な彼女が大丈夫かというような配役ですが可愛らしいからこそ高校生で放り出された悲しみが伝わってくる、それに頑張っている姿を共に応援したくなるのです。

青春時代は仕事仕事、だからこそ初めての恋でまるで中学生のような初々しさです。

本当に可愛らしい、彼女の魅力が伝わってくる作品となっています。

頼られっぱなしだった9年間、本当に彼女が頼れる人を見つけられて幸せなクリスマスとなってほしいです。

それにしても微笑みを絶やさない好青年ながら、彼が人と関わることを拒否している理由とは何なのでしょう。

その微笑みはこれ以上は近づくなという防御、そう考えると悲しみが湧いてくる・でもきっと桃子なら壁を取っ払えるはずです。

(40代女性)


両親を交通事故で亡くして以来、大学進学の道を諦めて3人の弟達の親代わりをしている安達桃子にちょっと最初は気の毒だなと感じました。

自分の幸せよりも、弟達の幸せに人生を費やし、恋人を作る時間もままならない中、出会った吉岡真人。

この出会いが、桃子の人生を変える事となるのですが、桃子に心の支えができたことは大きいと思います。

価値観の合う人と出会えたという事に運命の様なものを感じました。

このことを機に、桃子も自分の幸せを考えて欲しいなと思いました。

そして、桃子が恋心を抱く真人ですが、過去にある罪を犯していた事実が判明しました。

真人が胸の奥底に秘めた思いとは一体何なのか、とても気になりました。

真人も桃子に惹かれ始めているように感じるのですが、果たしてこの2人の恋の行方がどうなるのか、次回の展開が楽しみです。

(30代女性)


安達桃子の親友の浜野みゆき役で、出演している奈緒さんです。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」ではヒロイン役に落選したものの、ヒロインの親友役を演じ、ブレーク候補の1人として脚光を浴びるようになりました。

日本テレビで放送されたドラマ「あなたの番です」でストーカー役を演じ、その怪演ぶりから反響を呼び、一躍注目を集めました。

シリアスな役から、コミカルな役まで幅広い演技が魅力的な女優さんです。

その後も竜の道など数々の作品に出演しており、存在感を発揮しています。BS12のドラマのの湯では、初主演を務めるなど、今後の活躍が期待されます。

友人に勧められた影響で知育菓子にハマるなど可愛い一面があり、親しみやすい雰囲気があるという部分も魅力的です。

(30代女性)

第2話:11月3日(火)

肝っ玉姉ちゃんの安達桃子(有村架純)に対して物静かで優しい微笑みを浮かべる吉岡真人(林遺都)、まったく性格が異なるもののどこか価値観が似ていてだからこそ次第に桃子は恋心を抱くようになってきました。

その姿は一目瞭然、家でも終始ご機嫌のお姉ちゃんに弟たち3人は呆れ、そして少し心配そうに見つめるのでした。

一方の真人はと言えば、クリスマスプロジェクトが無事に動き出したことに対してひそかに喜びをかみしめていました。

人を寄せ付けず個人でいることを望んでいた彼も、ホームセンター一丸となって仕事をすることに次第に楽しささえ感じ始めていたのです。

何とか成功させたい、その想いから上司である高田(藤木直人)にも協力を依頼したりと彼にしてはかなり張り切っています。

そんなある日の事、安達家は鍋パーティーをすることになりました。

桃子の親友である浜野みゆき(奈緒)に親戚の川上菊雄(光石研)も呼んで盛り上がる予定が、当の桃子がなかなか帰ってきません。

この日、桃子は仕事で思わぬミスをしてしまっており商品をお客様の自宅に届けなければならなくなったのです。

ちょうどその場に居合わせていた真人が車で送っていくことに、すると助手席の桃子の手がなぜか震えているのです。

性格がまるで違う相手、でも価値観さえ似ていたらいい恋が出来そうです。

むしろ違うところがあるからこそもっともっと知りたくなるし、相手はどう行動するのだろうと面白く見守ることが出来ます。

恋をしたこと自体をすでに楽しんでいる桃子、何しろ高校生で両親を亡くしてそれどころではなくなっているのですから初めてのきちんとした恋愛かもしれません。

そんな彼女の純粋な気持ちを吉岡さんはちゃんと受け止めてほしいものです。弟たちも気に掛けています。

安達家での鍋パーティー、楽しそうで行ってみたいです。でもみんなで囲むからこそ楽しい鍋、仕事のある日に入れてはだめでしょう。

いつ帰ってくることが出来るのやら、おなかもすくし待つ側も大変です。

(40代女性)


桃子の恋の相手である吉岡真人さんを演じる林遺都さんに注目です。

真面目そうな雰囲気は正に吉岡さん、肝っ玉姉ちゃんとして家族を助けてきた頑張り屋の彼女には真面目そうな彼がピッタリに思えます。

表面的にはニコニコしながらも感情の起伏が実は少なく本心を見せない彼が、クリスマスプロジェクトが無事に動きだしたことで仲間と一丸となって仕事することの楽しさを知ることが出来ました。

きっと徐々に周りと打ち解けること・想いをきちんと形にすることができるようになってくるはずです。

その喜びを引き出してくれたのは桃子、それに気が付いたとき彼女を意識するようになってくるかもしれません。

そうなれば、恋の成就も決して夢ではないのです。

(40代女性)


真人が桃子を車で送っていくが、助手席の桃子の手はなぜか震えておりかつての事故のトラウマから抜けることが出来ていないというシーンが、とても切なく感じました。

誰でもそんな事故を経験したらトラウマから抜けることが出来ないと思いますが二人のこのシーンは切なく感じました。

自分を責める桃子に克服なんて簡単に出来るものじゃないからと言ってあげる真人の姿がとても心に残りました。

そんな辛いトラウマを抱えながらも明るく生きる桃子の姿がけなげだなと感動しました。

そんな二人が例え、妄想の中でもドライブデートをする姿を見ることが出来たのはとても素敵だなと思いました。

トラウマを克服して本当にドライブデート出来たらなと感じました。

(50代女性)


両親を事故で亡くし、大学進学を断念した後、ホームセンターで働きながら女手ひとつで弟3人を養うお姉ちゃんを演じている有村さんがこのドラマで一番魅力的です。

有村さんはこんなけな気な役柄がとっても似合っており彼女の魅力が引き立っていたとおもいます。

年齢を重ねても有村さんは、けな気な感じや天然の感じを失わずにこの役柄を演じているのが凄いなと思います。

今回の役柄は、弟たちを抱えてお母さん的な要素もある役柄ですが、年齢を重ねてた分今回の役柄に深みも加わってよりいい魅力をはなっていると思います。

相手役の林さんも魅力的で、有村さんと一緒に居眠りしてしまうシーンにはその魅力が感じられました。

主演の二人の魅力が光っています。

(50代女性)

第3話:11月10日(火)

ホームセンターではクリスマスの飾り付けがみんなが一丸となって行われます。

みんなが一丸となってクリスマスの飾り付けを徹夜で行ったことで無事にクリスマスの飾り付けが終わることが出来ます。

翌朝になり桃子は大きなもみの木を見て大変だったが大きな達成感を、感じることが出来ます。

桃子と真人の二人は、お互いに達成感を感じながら二人で楽しい時間を過ごしながら帰り道を歩きましが、ある瞬間に桃子は真人には人を寄せ付けない頑なさがあることを感じます。

真人が話した言葉で、真人と親しくなりたいのに桃子は、真人が人を寄せ付けない頑なな部分を持っていることで少し戸惑いを感じてしまいます。

翌日、弟たちが桃子の新しい恋を察する中で桃子はみゆきに、「真人は何かを諦めている感じがする」と違和感を打ち明ける。

日南子の方は、バーで一目ぼれをしてしまった相手が同じ職場で働いていると知りますますこれは運命だと感じます。

しかも彼が明るく人懐っこい性格であることから、ますます彼のことが好きになっていき、デートに誘いたいと思いを募らせます。

しかし、デートに誘いたいのに上手くいかない日南子は真人のことが好きなのに進展しない桃子に話を持ち掛けます。

それは、お互いに好きな相手をデートに誘うための作戦でした。

ここまでずっと見てきて思ったのは、桃子はいつも笑顔で元気で周りを明るくする存在ということです。

私も観ていて毎回元気をもらっています。

第3話では、クリスマスの準備から桃子と真人は関わるようになり、次第にお互いが相手を意識し始めてることに気付き、この恋愛いの仕方にきゅんきゅんしています。

仕事仲間とはいえ、2人が関わっていくうちにお互いに必要な存在になっているなと思いました。

桃子の兄弟との仲の良さや、職場の人との付き合いがとても良く、羨ましいなと毎回ほっこりした気持ちで観させていただいてます。

コロナで大変な世の中ですが、1日が終わってこのドラマを観て元気をもらい、また次の日から頑張ろうと思えます。

とても素敵なドラマです。

きっと私のようにこのドラマで癒されている人は多いと思います。

(20代女性)


私の注目キャストは桃子役(有村架純)です。

高校生というまだまだ若い時に突然の交通事故で両親を亡くして過去には辛い思いがあるのに、今は弟たちを守らなきゃいけないと前を向いて一生懸命にしっかりとしたお姉さんの姿がとても素敵だなと思いました。

仕事でもお客さんの立場になって一生懸命に働き、職場仲間との付き合いを大事にして人間として素晴らしい人だな、生き方がかっこいいなと思いました。

そんな中、素敵な人(真人)と出会い、恋愛にも臆病にならず、彼の前でもありのままの自分の姿であり、ドラマを観ていてまっすぐな人だな、これから幸せになって欲しいなと願いを込めながら観させていただいています。

私もこんな女性になりたいなと思いました。

(20代女性)


恋愛パートが動き出して、キュンキュンする展開が多くて面白かったです。

今までよりも恋愛パートに力が入っていたせいか、すごく楽しんで見ることができました。

桃子と吉岡さんの初々しい感じがすごくキュンとしたし、和輝とみゆきターンも友達の弟と思っていた和輝に翻弄されてしまうみゆきに共感し、ドキドキしました。

それにひなこと高田さんの若干拗らせた感じの恋愛も面白く、満足感が高かったです。

一番感動したのは、もみの木を見上げて涙ぐむ吉岡さんのお母さんと桃子が会話するシーン。

まさか吉岡さんのお母さんと思っていない桃子と息子の想い人と思っていないお母さんの会話がすごく胸に響き感動でした。

いずれ気づいたときに二人がどんな反応をするのか楽しみです。

3話は全編心から楽しんで見れて大満足です。

(30代女性)


私が注目するキャストは「髙橋海人くん」です。

もともと、この方目当てでドラマを見始めました。

海人くんの魅力はその登場人物そのものになって演じてくれるところです。

本人とは全然違った役柄でも、実はこんな性格なのでは?と思わせてしまうほど自然に演じ、その人物の魅力を最大限に増幅してくれます。

そんなところが海人くんの演技の魅力だと思います。

ただ、今回の役柄は今までと違って、海人くんに近い役柄なんです。

近いというか海人くんそのままの等身大な感じです。

おそらく、本人のこの弟っぽさを買われてこの役に選ばれたのかなと思いました。

しかし、だからこそ、本人に近すぎて演技をするのが難しそうな役柄でもあります。

その点苦戦しそう。

ただ自然に役柄の魅力を引き出してくれるところは健在そうなので、今後の展開に期待しながら見届けたいと思っています。

(30代女性)

第4話:11月17日(火)

職場での行事ごと、クリスマスの準備から出会った真人と桃子がお互いに少しづつ惹かれ合う中、桃子の上司の日南子が真人の上司の悟志のことを一目惚れをし、ときめいてしまいます。

バーで知り合った2人は、まさか職場でまた出会うとは思わず、日南子が悟志のことを更に意識してしまいます。

そこで、日南子は桃子にダブルデートのお願いをし、4人で会うことになりました。

日南子と悟志の今後の行方も気になりますが、お互いに惹かれ合う真人と桃子の仲もどうなっていくのか…

桃子は3人の弟たちに真人に恋していることを相談し、弟たちはたった一人のお姉ちゃんの幸せを願うのと傷ついてほしくない思いとで涙ぐんでしまいます。

そんな姉弟の間にある愛が素晴らしいものが展開されます。

そのころ、真人は過去の思いを抱えつつ、桃子からのお誘いをOKしてしまったものの本当にダブルデートに参加していいのかと思い悩んでしまいます。

過去の真人のことを知っている母は、そんな真人の様子がいつもと違うことに気づいて心配してしまいます。

一方、桃子の親友のみゆき(奈緒)は、桃子の弟の和樹からカフェに誘われてアプローチをされ戸惑ってしまいます。

この2人の今後の行方は果たして?

仕事の垣根を超え、ついにプライベートでも充実するのでしょうか…

4話では真人の過去が暴かれましたが、見ているとあまりにも過去の出来事が重すぎて、これなら心が病んでも仕方がないと感じました。

真人が思い出したくないと思うのもよく理解できます。

真人の心中を考えると、裏切られたという気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。

真人がお父さんと疎遠になったのはこのことが原因だったのかなと想像しました。

こんな過去があったら、新たな女性と付き合うのは怖いだろうなと思いました。

その一方、真斗に好意を寄せる桃子には頑張ってほしいとも思いました。

そして、桃子が真人を救う女神になるのではないかと期待もしました。

その一方、悟志もネグレクトされた子どもであることがよくわかりました。

こんな人はトラウマを抱えがちです。

なんとか助けてあげたいと感じました。

(50代男性)


最大の注目キャストは、やっぱり、桃子を演じる有村架純さんです。

彼女は、ベテラン女優であるとともにとても可愛い女性です。

そして、ナチュラルさがあるのも魅力と言えるでしょう。

彼女は勤務先のホームセンターでリーダーてきた枠割を演じています。

仕事のやりがいを感じる魅力的な女性ですが、同じ職場の人に恋をする様子はとても乙女チックに描かれていて、心理描写がとても良いと思います。

そして、真人を演じる林遣都さんも、律儀な雰囲気がよく出ていてて、影のある雰囲気もよく演じられていて彼の雰囲気が真人という役にとてもマッチしていました。

そして、真人の母の貴子を演じる和久井映見さんはとても温かみのある役で、真人との会話がとても心温まりました。

(50代男性)


真人の過去が明らかになったのですっきりしました。

彼女が襲われたから助けたのに、どうして彼女は襲われたりなんかしていないと嘘をついてしまったのか、真相が気になるポイントです。

もしかしたら、怖くて思い出したくもなくて何も答えることができなかったのではないかと思いました。

しかし、真人は彼女の証言がなかったことで罪になってしまったのが切なく思います。

真人はまだ桃子に過去の自分について話していないのに、何も知らない桃子が過去ではなくこれからどう生きていくかが大切と言ったときは驚きました。

真人は桃子の言葉を聞いてすごくうれしかったと思うし、桃子なら自分の過去を受け入れてくれるかもしれないと少しでも思ってくれたのではないかと思います。

(20代女性)


桃子役の有村架純さんから目が離せません。

とにかくかわいくて明るくて、兄弟たちを大切に思っている姿が魅力的です。

すごくかわいらしいのに、ナンパしてきた男性に言いたいことをはっきりいって追い払った姿や、朝輝が試合中に選手のせいで転んでしまったときは試合中の中に入っていって文句を言っている男らしい一面もあるのがかっこいくて大好きなところです。

怖い物知らずで周りのことは気にしない姿は本当にかっこいいし、素敵なところだと思うので桃子はずっとそのままでいてほしいと思いました。

桃子はダメなことはダメ、間違っていることは違うとはっきり言ってくれる人なので、真人の過去のことも受け入れてくれるのではないかと期待しています。

(20代女性)

第5話:11月24日(火)

桃子は真人に告白したけど、返事をしてくれない。

困っている様子の真人を見て、桃子は自分と同じように真人も好意を抱いてくれていると思っていたため戸惑ってしまうことに。

そこで桃子は、幼なじみのみゆきに連絡をして会うことになった。

そして、告白したけど返事をくれなかったことを全てを話して相談することに。

また、みゆきも桃子の弟である和輝に「好きだ」と告白されたことや、恋人のお試し期間のように最近一緒にいることを話そうとしたのだが、話す空気ではなく、話を切り出すことができずに帰ることに。

さらに、桃子は3人の弟たちにも真人のことを話すと、桃子の恋の相手を見てみたいと思った3人。

そして3人は、真人が働いている場所へ桃子に黙って行ってみることに。

たくさんの男性達が働く中、笑顔でそして真剣に働く真人の姿を見た3人は、あれが桃子の好きな人の真人だと確信することに。

すると、3人の男の子たちが見ていることに真人も気付いてしまうことになる。

そんな中、真人の過去を知っており、桃子たち兄弟の親戚のおじさんである菊雄は、この前桃子と真人が一緒に居る姿を見て気になっていたため、真人の母親である貴子が働いている弁当屋さんに会いに行っていた。

ついに告白、初告白なのではないでしょうか。

当たって砕けろではなく、ある程度は勝算があったからこそ挑んだ試合、そういうところは初めてながら中学生・高校生とは違う大人な姿が垣間見られます。

そして撃沈。

というより、何も言ってくれず困った表情を見せられるのですからむしろつらい仕打ちです。

でも、彼女が悪かったというよりもどうやら吉岡さん側に問題があるよう、これで砕け散るのではなく立ち直ってほしいものです。

そんな出来事の後に弟たちが吉岡さんと対面、みゆきは和輝のことを桃子に話せないままに終わってしまって、ととことんタイミングが悪い、これらのことが後々どう響いてくるかも心配です。

フォークリフト姿がこんなにもかっこいい人はそうそういないでしょう。

(40代女性)


吉岡真人を演じる林遣都さんに注目です。

誰の前でもニコニコ笑顔を崩さずにいた彼。

でも、それが自分を守る鎧だったのだということが改めて分かりました。

ガードを乗り越えて恋の告白という形で踏み込んできた彼女に、どうして良いか分からずにいるのです。

その場で「ノー」と言わず黙ってしまったのは、人間関係を崩さないようにするためというよりも、彼の方も少なからず彼女に好意がありシャットアウトしてしまうのは惜しいという気持ちが出てきたのだと思いたいです。

いったい彼の過去にどのようなことがあったのか、一生誰とも深く関わることなく生きていくのは悲しい人生です。

桃子の愛とお姉ちゃんとしての力強さで、彼の気持ちを変えてほしいです。

(40代女性)


ひょんなことから桃子たちの野球の試合にピッチャーとして参加した真人は、次々と三振を打ち取る大活躍を見せ、桃子もそのかっこいい姿に惚れ惚れする。

野球ではそこそこ注目された選手だったらしい。

あの事件までは人並みの、いや少し上の恵まれた人生だった。

それがあの事件で一変。

事件の内容を見ると同情せずにいられない。

肩がぶつかってもめるということはあり得るが、それで彼女を襲うという展開は、あまりにもあり得なくて正直気分が悪い。

完全な正当防衛だが、彼女が事件を否定することに対しては、ひどいな、という気持ちと仕方ない、という気持ちがある。

そのせいで真人は完全なる犯罪者となってしまった、こんな不幸あっていいのだろうか。

そのせいで家族まで人生が一変してしまった。

真人の保護司で桃子の叔父の川上(光石研)は、真人のような人たちを応援してきたが、実際自分の姪がその彼女になるのには躊躇するという。

確かに過去のこととはいえ、いろんな壁があるのは事実だ。

桃子がかわいいからこその思いだ。

頭と心が反対の方へ行けと言っているのだろう。

(40代女性)


注目キャストは、桃子の上司・市原日南子(小池栄子)だ。

バーで偶然居合わせた高田悟志(藤木直人)に一目惚れし、後で自身の働くホームセンターの配送作業員だと知る。

日南子の高田に対する恋心がとにかくかわいい。

高田のすること一つ一つに素直に乙女の反応をする。

高田への想いが溢れて「好き」「素敵」などストレートにポンポン言うので、はっきり告白してはいないが高田も彼女の気持ちは分かっているはず。

高田からハンカチを貸してもらったときも「このハンカチ、後で洗って返しますとか言いながら、返さないでずっと持ってていいですか」なんてことをサラッと言ってしまうのだ。

桃子、真人とのダブルデートの前もそのことが気になり、普段なら絶対しないミスを連発してしまい、部下たちに謝罪することもあった。

桃子の恋はもちろん、日南子の恋もどうか成就してほしい。

(40代女性)

第6話:12月1日(火)

初めての恋を経験した桃子(有村架純)。

そして、失恋をすることとなったのであった。

決して彼女のことを嫌っているわけではない吉岡さん。

何しろ、彼女からの告白に「イエス」は言っていないけれど、「ノー」も言わないままになっている。

彼は誰であれ恋をすることから逃げているのだ。

その理由は過去の出来事にあった。

ついに今の彼の本質とも言える昔のことを打ち明けられた桃子。

もちろん、動揺を隠すことなど出来なかった。

だが、目の前にいる彼がそんな悪い人間にはどうしても思えないのだ。

むしろ、一生かけて罪を償おうとする真摯な姿しか見えない。

逃げるのではなく、彼女はそんな部分も含めて包み込もうとした。

抱きしめ、彼の気持ちに寄り添って生きることを決意したのだ。

だが、全く関係ない彼女に共に背負わせたくない、真人は拒絶するのであった。

家に戻ってきたその顔を見れば一目瞭然で、弟たちは深くは分からずとも姉の恋が上手くいかなかったことを察した。

その翌日に河川敷で真人と偶然鉢合わせした彼ら。

前回は仕事中だったから言葉を交わすのは初めてだ。

姉のことを思う優しい弟たち、真人は好意的な目で見ながらも、心の中には別の感情も自然と沸き起こってきた。

諦めきれない桃子、真人を改めてデートに誘う。

観覧車の中で二人きりで、いったい何を語り合うこととなるのだろうか…

真人から過去の事件のことを聞かされた桃子が、すごく動揺する気持ちがよくわかりました。

でも、自分を責めて辛さを克服できていない真人が、悪い人だとは思えなくて真人の気持ちに寄り添おうとする桃子が、優しくて強くてとてもいい子だと思いました。

高田が、真人の気持ちを察して、わざとお茶らけた感じにしながら、「絶対に仕事を辞めるなよ。俺が寂しいじゃないか。逃げるな、乗り越えるんだ」と諭す姿に感動しました。

どうしても諦めきれない桃子が、真人にメールを送って遊園地で観覧車に乗って、事件の詳しいことと真人の正直な気持ちが聞きたいと言う真っ直ぐなところが、素敵だと思いました。

必死の思いで自分の気持ちを話す真人が、どれだけ勇気を振り絞ったのか涙が止まりませんでした。

全てを聞いた桃子が、「恋人になれないのわかりましたって言ったけど、もっともっと好きになっちゃいました。私の恋人になってください」と言ったところは、完全に涙腺が崩壊してしまいました。

(50代女性)


有村架純さんが、真人の過去を知ってもなお、やっぱり好きだから、辛い気持ちに寄り添い一緒に笑おう、泣こうと言う真っ直ぐで芯が強くて純粋な桃子を、熱演していてとても良かったと思いました。

自分が悲しい時も弟たちの前では辛い顔を見せずに明るくいつも通りに振る舞う姿が、心に響いてきました。

普通の女の子なのに、肝っ玉姉ちゃんとしていようとするところが、痛々しかったです。

真人の気持ちを聞いて、どれだけ苦しんだのだろうと思って、自分がそばにいたい、一緒に乗り越えていきたいという気持ちが伝わってきて、応援したくなりました。

どんなことがあっても、逃げずにきちんと向き合おうとするところが、強くて優しくてほんとにいい子だと思いました。

他人の気持ちがちゃんとわかって、全てを受け止めようとする姿が、可愛くて強くて素敵だと思いました。

(50代女性)


ドラマ「姉ちゃんの恋人 」の12月1日放送第6話を観て、「真人への一途な恋心」と「心を通わせていく二人」が特に魅力的だと思いました。

まず、真人への一途な恋心についてです。

桃子は、職場で出会った真人に恋をして、告白しましたが、真人から悲しい過去を持っていることを打ち明けられ、交際を断られてしまいます。

第6話では、真人から衝撃的な過去を打ち明けられた後の桃子の様子が描かれます。

正直この告白は驚いたと思いますし、自分に置き換えたらその場では言葉に詰まってしまったかもしれません。

それなのに、桃子は真人の過去も受け入れて交際したいと考え、真人との向き合い方を考えていきます。

何があっても真人への恋心を募らせていく桃子の姿が健気で、感動しました。

本当に好きになるってこういう事なんだなと改めて愛の深さを感じるシーンでした。

次に、心を通わせていく二人についてです。

桃子は、真人とじっくり向き合おうと考え、真人の本心を打ち明けてもらおうと行動を起こします。

桃子と真人が、これまで以上に本音で向き合っていく姿から、お互いへの愛情が感じられて、温かい気持ちになりました。

(20代女性)


注目キャストは、有村架純さんと林遣都さんです。

まず、有村架純さんについてです。

有村さんは、連続テレビ小説への出演で注目を集め、繊細な感情を表現することを得意としていて、不器用ながらも真っすぐに生きる女性を、誰もが共感できるように演じられる魅力があります。

第6話では、叶わない恋に苦しみながらも、健気に真人を愛し続ける桃子を、芯の強さを見せながら演じているので、注目です。

次に、林遣都さんについてです。

林さんは、10代の頃からドラマや映画で主演を務め、好青年から悪役まで、作品ごとに異なる役柄を演じ、新たな可能性を見せられる魅力があります。

第6話では、自身の過去に苦しみながら、桃子への気持ちに葛藤する真人の複雑な気持ちを見事に表現しながら演じているので、注目です。

(20代女性)

第7話:12月9日(火)

真人は、今でも完全には乗り越えていない過去の事件のことを全て知っても、それでも自分のことを好きだと言ってくれる桃子の思いを受け入れて、恋人として付き合う決心をしたのだった。

母親の貴子に報告すると、涙を流して喜んでくれて、大きな一歩を踏み出して前向きに生きようとする息子を祝福するのだった。

また、桃子も3人の弟たちに自分の思いを受け止めてもらえたことを報告するのだった。

本当に幸せいっぱいの桃子の笑顔を見て、弟たちも自分のことのように心から大喜びするのだった。

しかし、真人の過去を知った和輝は、1人で真人のところを訪ねて行く。

日南子と悟志、叔父の菊男、さらに桃子の職場のメンバーも、2人が上手くいったことを祝福するのだった。

親友のみゆきも、桃子が選択した道を応援するのだった。

そんな中、みゆきは、今まで後まわしにしていた和輝とのことを、ようやく桃子に打ち明ける決心をかためる。

和輝がみゆきを想い続けていて、初めはそれは無理だろうと思っていたみゆきも、和輝の気持ちを受け入れようとしていることを聞かされた桃子。

桃子は、ただただ驚くのだった。

その一方、可愛がっている部下の桃子が幸せになって喜ぶ日南子も、悟志との恋愛の進展があるのだった。

出演者全員が本当に素敵な人たちだった。

なおかつ、彼らのセリフの一言一句すべてが胸の中にずっと温かい何かを送り続けてくれているようで、ドラマを観ている間じゅうずっと幸せな気持ちでいられた。

各々が相手を思いやる気持ちも最高だが、その思いに裏付けられた行動が、素敵すぎる。

真人が日南子に桃子に変わって事情を説明するという心配りや、弟がこっそり真人に会いに行くくだり、親友の彼女が自分の弟だと知った時の桃子の行動、設定とセリフを考えた人は人を感動させる天才だと思う。

そんな中、桃子の叔父である川上菊雄(三石研)の言葉が、重く心にのしかかる。

私自身も彼と同じ思いを抱き続けていたが、ラストシーンで元カノらしき女性と出会ってしまった時には、「なぜ、今更…」と、本当に泣きそうな気持になった。

どうか、みんなに幸せになって欲しいと心から願ってしまう。

これ以上真人を追い詰めないで欲しいと思う。

(50代女性)


桃子の弟、和輝(高橋海人)と桃子の親友である浜野みゆき(奈緒)のカップルが、とても気になった。

和輝役の高橋は、正直、あまり演技がうまいとは言えないが、無視できない存在感があり、天真爛漫にみえる笑顔が可愛らしくて、不思議な魅力がある。

親友のみゆき役の奈緒は、演技が上手く、年下の彼氏に戸惑いながらも惹かれていく可愛らしさをうまく表現している。

なによりも、第七話で泣きながら帰宅していたのが気になった。

いったい、桃子に何を言われたのか。

その言葉にはきっと愛情があふれていたに違いないが、それをあの場では視聴者に伝えず、先送りしたのがちょっと気になった。

このドラマは、胸に刺さるセリフを効果的に使う能力に長けているので、和輝との会話の中でいつか登場するのかもしれない。

(50代女性)


ドラマ「姉ちゃんの恋人 」の12月8日放送第7話を観て、「幸せを手にした桃子と真人」と「姉弟の絆」が特に魅力的だと思いました。

まず、幸せを手にした桃子と真人についてです。

第7話では、付き合い始めた桃子と真人の姿が描かれます。

真人は、辛い過去を抱えていて桃子との交際を躊躇っていましたが、真人の過去を含めて受け止めてくれた桃子の大切さを感じ、付き合うことになりました。

桃子と真人が、時間はかかったけれど手にした恋人としての時間を愛おしそうに過ごす姿が本当に楽しそうで、このまま幸せが続いてほしいと思いながら観ていました。

二人の心が通じ合った時、ほっと胸をなでおろし目じりが緩んだ視聴者はどれほどいたことでしょう。

次に、姉弟の絆についてです。

桃子は、弟の和輝と大親友のみゆきが付き合おうとしていると聴かされ、和輝に気持ちをたしかめることを決めます。

和輝は、桃子に臆することなく自分の気持ちを伝え、桃子は和輝とみゆきの恋を応援することを決めます。

桃子と和輝のやり取りから、二人の固い絆が感じられて、微笑ましく思いながら観ていました。

また、今まで弟として見ていた視聴者も、和輝に男らしさとたくましさを感じたのではないでしょうか。

今後もこの二組のカップルを応援したいです。

(20代女性)


注目キャストは、有村架純さんと高橋海人さんです。

まず、有村架純さんについてです。

有村さんは、これまで数々のドラマや映画で主演を務め、恋に悩む女性を繊細な感情表現で演じられる魅力があります。

第7話では、真人との恋を実らせ、真人のことを一途に愛していく桃子を、幸せオーラ全開で可愛らしく演じているので、注目です。

肝っ玉母ちゃんのような逞しい姉をしてきましたが、これからは真人にやすらぎを求めてかわいらしい可憐な姿も見られそうで、そんなところも注目の理由です。

次に、高橋海人さんについてです。

高橋さんは、ドラマを中心に出演し、俳優としてのキャリアは短いながらも、どんな役柄もご自身の個性を加えて演じられる魅力があります。

第7話では、姉である桃子に自分の恋心を真っすぐに打ち明ける和輝を、弟としてではなく一人の男性としてのかっこよさを見せながら演じているので、注目です。

姉と弟、彼女と彼氏、どの関係でも年下ですが、そこをどんな距離感や表情で男性を見せてくれるのか、楽しみですね。

(20代女性)

第8話:12月15日(火)

桃子と真人が幸せな日々を過ごしていたある日のこと。

デートの途中で、二人は真人の以前の彼女であった香里(小林涼子)に偶然出会ってしまう。

香里は、真人と結婚の約束を交わした直後、真人と共に見知らぬ男たちに襲われそうになり、真人は香里を守ろうとして、彼らを傷つけ犯罪者となってしまった。

もし、香里が自分が男たちに暴行されそうになったことを認めていれば、真人はそこまで重い罪に問われなかったかもしれない。

しかし、世間体を考えて、暴行されそうになった事実を隠した香里。

そんな香里が真人に「話がしたい」とその場で申し出る。

とまどいながらも、真人はそれを受け入れ、桃子に「一緒に話を聞いて欲しい」と頼むのだった。

香里はいったい何を語るのか、真人と桃子は事件に関する最初の試練ともいうべき、この事態を一緒に乗り越えることができるのか。

一方で、日南子(小池栄子)は前回、自分を抱きしめて「好きなのかもしれない」とつぶやいた悟志(藤木直人)の本心をはかりかねて困惑していた。

そんな中、桃子から悟志に対する、ある事実を知らされ、さらに思い悩む事態に。

果たして、桃子の提供した、ある事実とはいったい何なのか。

日南子と悟志の恋はどうなってしまうのか。

元カノに会った真人が「桃子にも一緒に話を聞いて欲しい」と言いましたが、桃子にとっても、真人にとっても良い選択だったと思います。

この件で彼女の気持ちも理解出来たと思いますし、真人の思いも分かり、三人で話をした事に意味があったと感じました。

元カノも、これから幸せになってもいいんだと、肩の荷が降りた気がしました。

そして、今回、又昔のトラウマを思い出すような事件に会ってしまった真人が、一回も手を出さずに桃子を守り切ったことが偉いと、感動しました。

とてもカッコ良かったです。

一方、高田が自分にだけ会社を辞める事を言ってくれない事で不安になる日南子。

恋に臆病になっている故に、聞くことができない日南子の思いが切ないです。

(50代女性)


有村架純さんは、肝っ玉母さん的な役柄で出演していますが、何を演じても、ハマる素晴らしい女優さんだと思いました。

しっかりした所と、親友の前では、弱い部分が素敵でした。

林遣都さんは、心に傷を持つ役柄が凄く似合っていて、親や、女性に優しい所もよくわかる大人しい役が素晴らしいかったと思います。

小池栄子さんは、元気で楽しい役でしたが、恋愛にトラウマを持つ恋に臆病な役柄も、とても好演でした。

落ち込む時と、はしゃいでいる楽しい時のギャップも激しくて、恋する乙女の演技が最高に良かったです。

奈緒さんは、桃子の親友役で出演していますが、毎回二人で、コンビニ前で会って話す会話の内容が、素晴らしい良い親友の関係を感じさせてくれて、息が合っていたと思います。

(50代女性)


今回も期待を裏切らない心温まる内容だった。

画面から登場人物のお互いを思いやる気持ちがあふれていて、幸せな気持ちになれたし、観ていて癒された。

その分、ラストシーンの事件は衝撃だった。

ナレーションで語られる言葉はあまりにも重く、現実の厳しさを突き付けられたようで、胸が苦しくなった。

それでも、真人(林遣都)が桃子(有村架純)を必死で守り抜き、けっして反撃しなかったことに安堵したと同時に、彼の強さと並々ならぬ決意を感じた。

本当に真人が桃子に出会えて良かったと思う。

傷だらけになった真人と桃子が一緒に歩きながら、最後は二人で笑いあうシーンをみて、真の幸福は強さの上に成り立つものだと、改めて感じた。

ますます、最終回が楽しみである。

(50代女性)

第9話:12月22日(火)

暴漢に襲われながらも桃子(有村架純)を守り抜いた真人(林遣都)は、二度と暴力を振るわないという自分自身への誓いも守り通すことができた。

そんな真人と桃子はお互いに感謝すると、共に改めて相手への信頼と愛情を深めていく。

そのまま、クリスマスパーティーに参加するため桃子の自宅へと急いだ二人、そんな二人を温かく迎えてくれたのは、和輝(高橋海人)ら3人の桃子の弟たち。

そして、和輝の恋人となったみゆき(奈緒)ら、いつものメンバーだった。

パーティーは、二人を祝福する幸せな空気に満ち足りており、真人と桃子は自分たちの幸せを改めて実感するのであった。

そんな中、桃子の家族における「クリスマスパーティーでの恒例行事」が行われる。

それは、参加者らが一つずつ「あること」を発表するというものだった。

一方、悟志(藤木直人)が自分を抱きしめておきながら、現在の仕事を辞めることを自分に伝えてくれなかったことにショックを隠し切れない日南子(小池栄子)。

悟志への思いを断ち切れぬまま悶々とした日々を過ごしていた。

クリスマスイブの閉店後、そんな日南子を含めた社員らを集めてホームセンターでクリスマスパーティーが開かれることになる。

果たして日南子と桃子にイブの奇跡は訪れるのか。

幸せと恋と家族愛があふれてとまらない「姉ちゃんの恋人」、ついに最終回。

随時追記していきます。

\シリーズ1作目は全話配信中/
今すぐ姉ちゃんの恋人を無料視聴する
2週間以内の解約でタダ

姉ちゃんの恋人のキャスト・出演者一覧

役名 キャスト名
安達桃子 有村架純
吉岡真人 林遣都
高田悟志 藤木直人
市原日南子 小池栄子
浜野みゆき 奈緒
安達和輝 髙橋海人(King & Prince)
岸本沙織 紺野まひる
吉岡貴子 和久井映見
中野藤吉 やついいちろう

 

姉ちゃんの恋人の番組情報

番組タイトル 姉ちゃんの恋人
放送局 フジテレビ系列
放送開始日 2020年10月27日開始予定
放送時間 21:00~(火曜日)
原作 なし
岡田惠和のオリジナル脚本
主題歌 Mr.Children「Brand new planet」
公式MVを視聴する>>
公式サイト https://www.ktv.jp/anekoi/
公式Twitter https://twitter.com/anekoi_tue21
公式インスタグラム anekoi.tue21

今すぐ無料視聴する>>

本ページの情報は2020年11月時点のものです。 最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。